四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第八十八番札所 医王山 大窪寺

第八十八番札所 医王山【いおうざん】大窪寺【おおくぼじ】

 

0001060095.jpg

真言宗単立

 

ご本尊:薬師如来

所在県:香川県

住所 :香川県さぬき市多和兼割96

電話 :0879-56-2278

 

 

本尊真言 :おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:南無薬師 諸病なかれと 願いつつ 詣れる人は おおくぼの寺

なむやくし しょびょうなかれと ねがひつつ まいれるひとは おほくぼのてら

 

礼所への行き方

電車: 琴電長尾線長尾駅下車15.2km
バス: さぬき市コミュニティーバス:志度~多和線『大窪寺』下車200m
一般: 国道377号線大窪トンネル東口500m

 

前後の札所とその距離

87長尾寺 <<<【約 151m】>>> 88 大窪寺 <<<【約 38800m】>>> 1霊山寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第八十八番札所 医王山 大窪寺の動画

 

解説

寺伝によれば、奈良時代の養老年間(717年 - 724年)に行基が開基し、弘仁年間(810 - 823)に空海(弘法大師)が奥の院の岩窟で虚空蔵求聞持法を修し、薬師如来を刻んで安置したとされている。この時に空海が納めたとされる錫杖は、空海が唐から持ち帰った三国伝来のものと伝え、本尊とともに祀られている 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%AA%AA%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0