四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第八十一番札所 陵松山 白峯寺

第八十一番札所 陵松山【りょうしょうざん】白峯寺【しろみねじ】

 

0001060088.jpg

真言宗御室派

 

ご本尊:千手観世音菩薩

所在県:香川県

住所 :香川県坂出市青海町2635

電話 :0877-47-0305

 

 

本尊真言 :おんばさらたらまきりく

ご詠歌:霜さむく露白妙の寺のうち御名を称ふる法の声々

しもさむく つゆしらたへの てらのうち みなをとなふる のりのこえごえ

 

礼所への行き方

電車: JR四国予讃線鴨川駅下車6.1km
一般: 県道180号線白峰パークセンターより400m
高速:高松高速・瀬戸中央高速坂出インターチェンジより11.9km

 

前後の札所とその距離

80讃岐国分寺<<<【約 6500m】>>>81白峯寺<<<【約 5000m】>>>82根香寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第八十一番札所 陵松山 白峯寺の動画

 

解説

寺伝によれば、空海(弘法大師)が弘仁6年(815年)この地に訪れ、衆生救済の請願をした。円珍(智証大師)が貞観2年(860年)に白峯大権現の神託を受けて千手観世音菩薩を霊木に刻み安置したという。

後に、長寛2年(1164年)崇徳天皇が讃岐流刑地で没した際に、慰霊のために陵墓近くに頓証寺が建立され、これが現在の白峯寺になったとされる 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%B3%AF%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0