四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第六十九番札所 七宝山 観音寺

第六十九番札所 七宝山【しっぽうざん】観音寺【かんのんじ】

 

0001060075.jpg

真言宗大覚寺派

 

ご本尊:聖観世音菩薩

所在県:香川県

住所 :香川県観音寺市八幡町1-2-7

電話 :0875-25-3871

 

 

ご本尊真言:おんあみりたていぜいからうん

ご詠歌:笛の音も松吹く風も琴弾きも歌うも舞うも法のこえごえ

ふゑのねも まつふくかぜも ことひくも うたぶもまふも のりのこえごえ

 

礼所への行き方

電車: JR四国予讃線観音寺駅1.6km
一般: 県道21号線三架橋北詰400m
高速: 高松高速大野原インターチェンジより5.2km

 

前後の札所とその距離

67大興寺<<<【約 8700m】>>>68神恵院<<<【約 100m】>>>69観音寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第六十九番札所 七宝山 観音寺の動画

 

解説

伝承によれば、大宝年間(701年~704年)に、法相宗の日証が琴弾山で修行をしていたところ、琴を弾く老人が乗る舟を海上に見た。この老人が八幡大明神であることを知った上人は、その琴と舟を祀り琴弾八幡宮と名付けた。その神宮寺として建立されたのが観音寺の前身であるという。寺伝によれば、行基が養老6年(722年)に訪れた後、空海(弘法大師)が聖観世音菩薩像を刻み本尊として安置したという 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E5%AF%BA_(%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E5%AF%BA%E5%B8%82)


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0