四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第六十五番札所 由霊山 三角寺

第六十五番札所 由霊山【ゆれいざん】三角寺【さんかくじ】

 

0001060071.jpg

高野山真言宗

 

ご本尊:十一面観世音菩薩

所在県:愛媛県

住所 :愛媛県四国中央市金田町三角寺75

電話 :0896-56-3065

 

 

本尊真言 :おんまかきゃろにきゃそわか

ご詠歌:おそろしや三つの角にも入るならば心をまろく慈悲を念ぜよ

おそろしや みつのかどにも いるならば こころをまろく じひをねんぜよ

 

礼所への行き方

電車: JR四国予讃線川之江駅6.4km
バス: せとうちバス:新宮行き『三角寺口』下車3.5km
一般: 国道192号上分町より4.1km
高速: 松山高速三島川之江インターチェンジより5.3km

 

前後の札所とその距離

64前神寺<<<【約 45200m】>>>65三角寺<<<【約 18100m】>>>66雲辺寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第六十五番札所 由霊山 三角寺の動画

 

解説

 寺伝によれば天平年間(730年‐749年)に聖武天皇の勒願により行基が開基したとされる。空海(弘法大師)が来訪した際、本尊である十一面観世音と不動明王を刻み、三角形の護摩壇を築き21日間降伏の秘法を施したとされる。三角寺の寺号はこの護摩壇に由来する。境内には三角の池が残り、そのときの名残とされる。嵯峨天皇が本尊を深く信仰し、寺領300町歩を下賜し、堂塔を建造したとされ、往時は12坊を持ち、七堂伽藍を備えていたという。

天正9年(1581年)の長宗我部元親軍の兵火で焼失し、現在の建物は嘉永2年(1849年)に再建されたものである

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0