四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第五十九番札所 金光山 国分寺

第五十九番札所 金光山【こんこうざん】国分寺【こくぶんじ】

 

0001060065.jpg

真言律宗

 

ご本尊:薬師如来

所在県:愛媛県

住所 :愛媛県今治市国分4-1-33

Tel 0898-48-0533

 

 

本尊真言 :おんころころせんだりまとうぎそわか

ご詠歌:守護のため建ててあがむる国分寺いよいよ恵む薬師なりけり

しゅごのため たててあがむる こくぶんじ いよいよめぐむ やくしなりけり

 

礼所への行き方

電車: JR四国予讃線伊予富田駅2.1km
バス: せとうちバス:桜井団地循環『国分寺』下車200m
一般: 県道156号線国分寺前より200m
高速: 今治小松高速今治湯ノ浦インターチェンジより4.3km

 

前後の札所とその距離

58仙遊寺<<<【約 6100m】>>>59国分寺<<<【約 27000m】>>>60横峰寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第五十九番札所 金光山 国分寺の動画

 

解説

天平13年(741年)、聖武天皇が発した国分寺建立の詔によって建立された諸国国分寺の一つである。寺伝では聖武天皇の勅願により行基が開創し、後に空海(弘法大師)が長期にわたって逗留し五大明王像を残したとされる。

史実としては、具体的な創建年は定かでないが、『続日本紀』には天平勝宝8年(756年)、伊予国を含む26か国の国分寺に仏具等を下賜したとの記載があり、この頃には完成していたものと思われる。

長宗我部元親の侵攻の際に焼き討ちにあって荒廃したが、後に再興される。焼き討ちの際に焼失を免れた多くの古文書によって律令制衰退後に国分寺の多くが荒廃していく中で同寺が伊予における仏教信仰の中心地として曲がりなりにも維持されてきたことが明らかになっている。

現在の境内は伊予国府のあった所とされ、かつての境内は東へやや離れた位置にあったとされる。礎石の配置が確認されており、そこが旧境内の東塔と認められている 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%BA%88%E5%9B%BD%E5%88%86%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0