四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第五十八番札所 作礼山 仙遊寺

第五十八番札所 作礼山【されいざん】仙遊寺【せんゆうじ】

 

0001060064.jpg

高野山真言宗

 

ご本尊:千手観世音菩薩

所在県:愛媛県

住所 :愛嬢県今治市玉川町別所483

電話 :0898-55-2141

 

 

本尊真言 :おんばさらたらまきりく

ご詠歌:立ち寄りて佐礼の堂に休みつつ六字を唱え経を読むべし

たちよりて されいのどうに やすみつつ ろくじをとなへ きゃうをよむべし

 

礼所への行き方

電車: JR四国予讃線今治駅7.0km
バス: 今治桟橋、今治駅よりせとうちバス:松山市駅行き、木地口・葛谷行き、鈍川経由神子森行き『大須木』下車3.5km

 

前後の札所とその距離

57栄福寺<<<【約 2400m】>>>58仙遊寺<<<【約 6100m】>>>59国分寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第五十八番札所 作礼山 仙遊寺の動画

 

解説

 天智天皇の勅願によって伊予の大守越智守興が堂宇を建立した。本尊の千手観世音菩薩は海から上がってきた竜女が一刀三礼して彫ったという言い伝えがある。また、40年にわたって伽藍を整備した阿坊仙人という僧が本寺に暮らしていたが養老2年(718年)に突然姿を消してしまったことが寺名の由来になっているという。空海(弘法大師)が本寺に逗留して修法を行った折には、伽藍を復興し井戸を掘ったとされる。

江戸時代に荒廃してしまったが、明治初期に宥蓮上人が再興した

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E9%81%8A%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0