四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第五十五番札所 別宮山 南光坊

第五十五番札所 別宮山【べっくさん】南光坊【なんこうぼう】

 

0001060061.jpg

真言宗醍醐派

 

ご本尊:大通智勝如来

所在県:愛媛県

住所愛媛県今治市別宮町3-1

電話 :0898-22-2916

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第五十五番札所 別宮山 南光坊の動画

 

ご本尊真言:おんまかびじゃなじゃなのうびいぶうそわか

ご詠歌:このところ三島の夢のさめぬれば別宮とてもおなじ垂迹

このところ みしまにゆめの さめぬれば べつぐうとても おなじすいじやく

 

礼所への行き方

電車: JR四国予讃線今治駅下車800m
バス: せとうちバス:今治営業所行き『今治市役所前』下車300m
一般: 国道317号南光坊西より100m
高速:西瀬戸高速(西瀬戸しまなみ海道)今治インターチェンジより3.1km

 

前後の札所とその距離

54延命寺<<<【約 3400m】>>>55南光坊<<<【約 3000m】>>>56泰山寺

 

 

解説

『神の島』といわれる大三島に鎮座する大山祇神社の別宮として伊予国越智郡日吉村の地に別宮大山祇神社が勧請されたのは大宝3年(703年)、異説にあってはそれから9年後の和銅5年(712年)と伝えられている。大山祇神社にはその数24の僧坊があったが、この年、そのうちの南光坊を含む8坊がその別宮の別当寺としてともに遷されたという。なお、これら8坊の移転を正治年間(1199年 - 1201年)とする説もある。

これらの坊はそれからしばらくともに存続していたが、天正年間(1573年~1592年)に、伊予の全土を襲った長宗我部氏の軍勢により焼き払われ、失われることとなった。

しかしのちに至って、それらのうちの一坊である南光坊のみが別宮(大山祗神社)の別当寺として再興されることとなった。ここに今に至るところの別宮山南光坊の歴史が始まった 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%85%89%E5%9D%8A


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0