四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第五十三番札所 須賀山 圓明寺

第五十三番札所 須賀山【すがざん】圓明寺【えんみょうじ】

 

0001060059.jpg

真言宗智山派

 

ご本尊:阿弥陀如来

所在県:愛媛県

住所 :愛媛県松山市和気町1-182

電話 :089-978-1129

 

 

本尊真言 :おんあみりたていぜいからうん

ご詠歌:来迎の弥陀の光の圓明寺照りそう影は夜な夜なの月

らいこうの みだのひかりの ゑんみゃうじ てりそうかげは よなよなのつき

 

礼所への行き方

電車: JR四国予讃線伊予和気駅下車300m
バス: 運転免許センター・太山寺行き『和気』下車(門前)
一般: 県道183号線圓明寺前より100m

 

前後の札所とその距離

52太山寺<<<【約 2500m】>>>53圓明寺<<<【約 34400m】>>>54延命寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第五十三番札所 須賀山 圓明寺の動画

 

解説

寺伝によれば天平勝宝元年(749年)聖武天皇の勅願を受けて行基が本尊阿弥陀如来、脇侍に観世音菩薩、勢至菩薩を刻んで開基したという。当初は現在地より北の浜にあり海岸山圓明密寺と称した。後に空海(弘法大師)がこの地を巡錫し伽藍を整備したという。

鎌倉時代以降に幾度か兵火によって荒廃、元和年間(1615年~1624年)に現在地に移転。寛永10年(1633年)、須賀専斎重久がその私財をもって再興したものという[1]。寛永13年(1636年)に現在の寺号に改称される 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%93%E6%98%8E%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0