四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第四十番札所 平城山 観自在寺

第四十番札所 平城山【へいじょうざん】観自在寺【かんじざいじ】

 

0001060046.jpg

真言宗大覚寺派

 

ご本尊:薬師如来

所在県:愛媛県

住所 :愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2253-1

電話 :0895-72-0416

 

 

本尊真言 :おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:心願や 自在の春に 花咲きて 浮世のがれて 住むやけだもの

しんぐゎんや じざいのはるに はなさきて うきよのがれて すむやけだもの

 

礼所への行き方

電車: 土佐くろしお電車:宿毛線宿毛駅18.0km
バス: 宇和島バス、宇和島・城辺・宿毛線『平城札所前』下車200m
一般: 国道56号線御荘栄町より700m

 

前後の札所とその距離

39延光寺 <<<【約 25800m】>>> 40 観自在寺 <<<【約 50200m】>>> 41龍光寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第四十番札所 平城山 観自在寺の動画

 

解説

寺伝によれば平安時代初期の大同2年(807年)平城天皇の勅願により、空海(弘法大師)によって開かれたといい、本尊の薬師如来、脇持の阿弥陀如来、十一面観世音菩薩はく一本の霊木から空海が刻んだと伝えられている。

江戸時代初期の寛永15年(1638年)に京都の空性法親王が巡拝、薬師院の号を受けた。その後、宇和島藩主伊達宗利の勅願所になったという歴史をもつ。一時は七堂伽藍を持ち四十の末寺を有したが、火災で消失。延宝6年(1678年)に再建されたが、昭和34年(1959年)に失火で本堂を焼失、現在の本堂はその後に建立された 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E8%87%AA%E5%9C%A8%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0