四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第三十七番札所 藤井山 岩本寺

第三十七番札所 藤井山【ふじいざん】岩本寺【いわもとじ】

 

0001060043.jpg

真言宗智山派

 

ご本尊:阿弥陀如来

所在県:高知県

住所日本高知県高岡郡四万十町茂串町3−13

電話 :0880-22-0376

 

 

本尊真言 :おんあみりたていぜいからうん(他)

ご詠歌:六つのちり五つの柱あらわして深き仁井田の神のたのしみ

むつのちり いつつのやしろ あらはして ふかきにいたの かみのたのしみ

 

礼所への行き方

電車: JR四国土讃線窪川駅下車700m
バス: 高知西南交通、窪川駅前下車700m
一般: 国道381号線四万十町役場入り口より300m

 

前後の札所とその距離

36青龍寺<<<【約 58500m】>>>37岩本寺<<<【約 80700m】>>>38金剛福寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第三十七番札所 藤井山 岩本寺の動画

 

解説

寺伝によれば天平年間(729年 - 749年)に聖武天皇の勅命を受け行基が開創した七福寺が起源であるという。弘仁年間(810年 - 824年)に空海(弘法大師)が五社・五寺からなる福円満寺へと発展させ、五社寺にそれぞれ本尊を安置したという。

天正年間(1573年 - 1592年)に兵火によって焼失するが、一条氏によって再興し現在の名称に改められる。明治初期には廃仏毀釈により廃寺となるが、明治22年(1889年)に復興され、現在に至る 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%9C%AC%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0