四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第三十二番札所 八葉山 禅師峰寺

第三十二番札所 八葉山【はちようざん】禅師峰寺【ぜんじぶじ】

 

0001060038.jpg

真言宗豊山派

 

ご本尊:十一面観世音菩薩

所在県:高知県

住所 :高知県南国市十市308

電話 :088-865-8430

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

ご詠歌:静かなる 我がみなもとの 禅師峰寺 浮かぶ心は 法の早船

しづかなる わがみなもとの ぜんじぶじ うかぶこころは のりのはやぶね

 

礼所への行き方

電車: 土佐電鉄御免線鹿児駅6.1km
バス: 土佐電鉄バス、十市・後免線『峰寺通』下車800m
一般: 県道14号線石土神社より1.1km

 

前後の札所とその距離

31竹林寺 <<<【約 5700m】>>> 32禅師峰寺 <<<【約 7500m】>>> 33雪蹊寺


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第三十二番札所 八葉山 禅師峰寺の動画

 

 

解説

寺伝によれば、聖武天皇の勅命を受けた行基が海上安全を祈願して堂宇を建立したのを起源とし、空海(弘法大師)はここを霊地と感得し虚空蔵求聞持法の護摩を修法、十一面観世音菩薩を刻んで本尊として祀り、現在の寺名を定めたという。

土佐藩主山内一豊以来、歴代藩主の信仰を受けており、参勤交代で浦戸湾を出航する際には航海の無事を祈願したという 

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%85%E5%B8%AB%E5%B3%B0%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0