四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第三十番札所 百々山 善楽寺

第三十番札所 百々山【どどざん】善楽寺【ぜんらくじ】

 

0001060036.jpg

真言宗豊山派

 

ご本尊:阿弥陀如来

所在県:高知県

住所 :高知県高知市一宮2501

電話 :088-846-4141

本尊真言:おんあみりたていぜいからうん

ご詠歌:人多く立ち集まれる一の宮昔も今も栄えぬるかな

ひとおほく たちあつまれる いちのみや むかしもいまも さかへぬるかな

 

礼所への行き方

電車: JR四国土讃線土佐一宮駅下車1.5km
バス: 高知県交通田井線『一宮東門』下車200m
一般: 県道384号線一の宮東より500m
高速:高知高速高知インターチェンジより1.8km

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第三十番札所 百々山 善楽寺の動画

 

 

解説

 応仁年間(1467~1469)に兵火で焼失したが、土佐藩2代藩主山内忠義の庇護を受けて栄えた。明治初期の神仏分離で廃寺となり、本尊の阿弥陀如来と弘法大師像とは南国市にある29番札所国分寺に移された。善楽寺の廃寺により明治8年(1875年)に再興された安楽寺が30番札所となった。昭和5年(1930年)に埼玉県与野町(現さいたま市中央区)にあった東明院をこの地に移転し、また国分寺にあった弘法大師像を移して善楽寺が再興された。30番札所の正統性について善楽寺と安楽寺の間で論争が起こり、札所は2箇所並立となった。平成6年(1994年)1月1日、安楽寺を30番札所奥の院とすることで決着した

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E6%A5%BD%E5%AF%BA

 

前後の札所とその距離

29国分寺<<<【約 6900m】>>>30善楽寺<<<【約 6600m】>>>31竹林寺


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0