四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第六十六番札所 巨鼇山 雲辺寺

第六十六番札所 巨鼇山【きょごうざん】雲辺寺【うんぺんじ】

 

0001060072.jpg

真言宗御室派

 

ご本尊:千手観世音菩薩

所在県:徳島県

住所 :徳島県三好市池田町白地763-2

電話 :0883-74-1707

 

 

本尊真言 :おんばさらたらま きりく そわか

ご詠歌:はるばると 雲のほとりの 寺にきて つきひを今は ふもとにぞ見る

はるばると くものほとりの てらにきて つきひをいまは ふもとにぞみる

 

前後の札所とその距離

65 三角寺<<<【約 18100m】>>>66 雲辺寺<<<【約 9400m】>>>大興寺

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第六十六番札所 巨鼇山 雲辺寺の動画

 

解説

延暦8年(789年)に佐伯真魚(後の空海・弘法大師)が善通寺建立のための木材を求めて雲辺寺山に登り、この地を霊山と感得し堂宇を建立したことを起源とする。空海はまた、大同2年(807年)には秘密灌頂の修法を行い、さらに弘仁9年(818年)に嵯峨天皇の勅命を受けて本尊を刻んで、七仏供養を行ったという。後に「四国高野」と呼ばれ、僧侶の修業道場となり、清和天皇の勅願寺ともなった。

鎌倉時代には七堂伽藍が整えられ関所寺となった。天正5年(1577年)土佐を統一し、四国制覇を狙う土佐の戦国大名・長宗我部元親が雲辺寺を訪れ、住職の俊崇坊に四国統一の夢を語ったという。所在地は徳島県(阿波)であるが、四国八十八箇所霊場としては讃岐の札所として扱われている。昭和62年(1987年)には香川県観音寺市側の山麓と雲辺寺ロープウェイによって結ばれ、訪れやすい寺となった

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B2%E8%BE%BA%E5%AF%BA


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0