四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

第九番札所 正覚山 法輪寺

第九番札所 正覚山【しょうかくざん】法輪寺【ほうりんじ】

 

0001060015.jpg

高野山真言宗

 

ご本尊:涅槃釈迦如来

所在県:徳島県

住所 :徳島県阿波市土成田中98-2

電話 :088-695-2080

本尊真言:のうまくさんまんだぼだなんばく

ご詠歌:大乗の誹謗もとがもひるがえし転法輪の縁とこそきけ

 

礼所への行き方

電車: JR四国徳島線鴨島駅下車4.6km
バス: 徳島バス、二条・鴨島線『二条』下車1.8km
一般: 県道236号線・県道12号線南原800m
高速一般::土成インターチェンジより3.1km

 


より大きな地図で 四国八十八箇所 を表示

 

第九番札所 正覚山 法輪寺の動画

 

解説

巡錫中の空海(弘法大師)が白蛇を見、白蛇が仏の使いといわれていることから釈迦涅槃像を刻んで本尊として開基したと伝えられている。当初は現在地より4キロメートル北方の法地ヶ渓にあり白蛇山法林寺と号した。

天正10年(1582年)に長宗我部元親の兵火により焼失。正保年間(1644年 - 1648年)に現在地に移転して再興され、現在の山号、寺号に改められた。その後安政6年(1859年)に火災で全焼、明治になって現在の堂宇が再建された。

解説出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E8%BC%AA%E5%AF%BA_(%E9%98%BF%E6%B3%A2%E5%B8%82)

 

前後の札所とその距離

8熊谷寺<<<【約 2400m】>>>9法輪寺<<<【約 3800m】>>>10切幡寺


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0