四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

お遍路の心得と参拝作法

お遍路さんの心得をご紹介いたします。八十八箇所巡りは苦を伴うこともありますが、全ては弘法大師のはからいとおもい、心安らかに巡ってください。『心安らか』これが一番大切な心得と思います。

 

お参りする際の作法

その1 山門や仁王門に一礼して境内へ入る

その2 霊場へ入ったら、水屋で口をすすぎ、手を洗う

その3 鐘楼で鐘を撞く(ただし自由に打てるところのみで。また、帰りには絶対打ってはいけません)

その4 本堂向拝で所定の箱に納め札、写経を納める

その5 お灯明、線香、賽銭

その6 ご本尊に合掌し、読経(経本をひろげる)真言、祈願文、懺悔文、三帰文 三竟、十善戒、発菩提心真言、三摩耶戒真言、心経、十三仏真言、大師宝号、祈願、ご詠歌、回向文

その7 大師堂へ行き、本堂と同様に参拝する

その8 納経所で所定の納経料を支払い納経帖、掛軸 等に朱印をもらう(巡礼した証となり、全てそろうと大変美しくご利益がある、掛け軸は家宝にも)

 

十善戒

【一】 不殺生(ふせっしょう) >>>殺生することなかれ

【二】 不偸盗(ふちゅうとう) >>> 盗むなかれ

【三】 不邪淫(ふじゃいん) >>> 邪淫することなかれ

【四】 不妄語(ふもうご) >>> 偽りをいうことなかれ

【五】 不綺語(ふきご) >>>虚飾の言葉をいうことなかれ

【六】 不悪口(ふあっく) >>>悪口をいうことなかれ

【七】 不両舌(ふりょうぜつ) >>> 二枚舌をつかうことなかれ

【八】 不慳貪(ふけんどん) >>> 貪ることなかれ

【九】 不瞋恚(ふしんに) >>>怒ることなかれ

【十】 不邪見(ふじゃけん) >>> よこしまな考えを起こすなかれ

 

心得

第一信心に大師の御名を唱える。

専ら修行の心を持って巡拝する。

もろもろの生物を殺さない。

女にたわむれのことばなどかけない。

はらぐすりきつけ(保健薬)をもつ。

酒は飲まない。

同行者と口論なきようつつしむ。

身のまわりは軽く多額の金銭は持たない。

不必要な荷物は持たない。

食物の養生をする。

日のうちにはやく宿に入る。

夜中に宿を出ない。

(清水谷孝尚師著 『観音巡礼』より)


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0