四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

納経帳・納経軸

各札所で御朱印をいただくために必要なものとして、「判衣」のほかに「納経帳」と「納経軸」があります。
納経は必ずしなくてはならないというものではありませんが、お遍路の旅の達成感や充実感も得られますし、全て参拝し終えた証にもなりますので、おすすめします。

【納経帳(のうきょうちょう)】
神社を参拝した際に用いる「御朱印帳」と、御朱印をいただくためのものという意味では同じものです。
納経帳とは、もともとは写経をおこなったものを納めた証を記していただくものだったことからついた名前です。

札所では、納経帳に御本尊の名前と御本尊をあらわす梵字、寺院の名前を墨で書き入れ、御朱印を押していただけます。
これらは、市販のノートや色紙といったものにはいただけません。
また、納経料として札所毎に300円が必要となります。

八十八ケ所を全て参拝し終え、再びお遍路の旅に出る場合は、同じ納経帳を使い、上から御朱印を捺していただきます。
これを「重ね印」といいます。
何度もお遍路をされた方の納経帳は、御朱印で赤く染まっているといわれます。

【納経軸(のうきょうじく)】
使い方は納経帳と同じです。
各札所に持参し、納経、御朱印をいただきます。
お遍路用に、あらかじめ八十八ケ札所と高野山、弘法大師が印刷されたものがほとんどですが、阿弥陀如来や釈迦如来が印刷されているものもあり、宗派によって使い分かることができます。
納経軸への納経料は札所ごとに500円となります。
全ての札所の参拝し終えたら、表装をし、掛け軸にします。
額に入れることの出来る額装用の納経軸もあります。


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0