四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

賽銭・輪袈裟

ここでは、賽銭と輪袈裟についての説明をします。

【賽銭(さいせん)】
納札や線香・灯明と同じように、本堂と大師堂それぞれにお賽銭も必要です。
八十八札所の全ての巡拝で、単純に考えても176回分のお賽銭が必要ということになります。
また札所には、それ以外にもお堂がある場合が多く、そのそれぞれに賽銭箱は置かれています。
もちろんお賽銭は任意でありますし、他のお堂がある場合も必ずお賽銭をあげなくてはならないというものではありません。
それらを念頭に、ご自分の状況に見合ったお賽銭の額を考え、お賽銭としての予算も計算しておくことをおすすめします。
よく言われるのは、「ご縁」との語呂合わせで5円をお賽銭にするというものですね。
全札所分のお賽銭用の小銭を準備するのは大変ですし、旅の間中それを持ち歩くのも困難ですから、最初はある程度の準備にとどめておきましょう。

【輪袈裟(わげさ)】
お坊様が掛けられている袈裟を簡略化したものです。
数珠と同様に、お寺を参拝するときのエチケットとして考えられてもいますので、そういう意味では必ず必要と考えることも出来ます。
白衣の着用はしなくても、平服の上から輪袈裟だけは必ず掛けるという方もおられます。

以上が、参拝をする上で必要となる道具です。
お遍路についての知識を得たり、それに基づいた自分なりの旅の準備をすることから、もう既にお遍路の旅は始まっているとも言えます。
大願成就のためにも、悔いの残らない準備を進めていきましょう。


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0