四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

線香・灯明・経本

次に、線香と灯明、経本についてです。
灯明はろうそくのことです。

【線香(せんこう)と灯明(とうみょう)】
巡拝作法では灯明は一本、線香は三本立てることになっています。
三本の線香をそなえることで、「過去」「現在」「未来」をあらわしているとされています。
それらを、納札の時と同様に、本堂と大師堂のそれぞれにお供えします。
つまり、八十八ケ所の全てを参拝するには、灯明が176本、線香が528本必要ということになります。
線香も灯明も札所で販売されている場合もありますが、その都度買い求めることは割高になってしまうことが多く、また、販売をしていない札所もありますから、お遍路の旅に出発する前に、どちらもある程度まとまった本数を準備しておくことをおすすめします。
線香は、煙の多い少ないや香り、素材などによりお値段もさまざまに異なりますが、長いお遍路の旅の間、ずっと使い続けるものですので、ご自分の気持ちが落ち着くものを選ぶようにしましょう。
火をつける前はほとんど香りのしないタイプの線香は、旅の間、他の荷物へ匂いが移ることをある程度防いでくれますので、お遍路さんには人気があります。
灯明は、お供えに適した短いタイプのものもあります。

【経本(きょうほん)、勤行本(ごんぎょうぼん)】
正式の巡拝作法では、般若心経のほかに開経偈(かいぎょうげ)、御本尊真言、光明真言、御宝号、回向文など数種類のお経を読経することになっています。
要領の分からない方などは、初めは般若心経だけでも構いませんが、慣れれば是非、正式の巡拝作法で参拝をされることをおすすめします。
四国お遍路用のお経を、読経する順番にまとめた経本も売られていますので、そちらを準備すると便利です。


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0