四国八十八ヶ所 巡り 入門では四国八十八箇所の巡り方、作法、地図、霊場一覧などをご紹介しております。

納札

写経が準備できなかった方は納札を用意しましょう。

【納札(おさめふだ)または納め札】
札所を参拝した際に納めるお札のことで、本堂と大師堂へそれぞれ一枚ずつ納めますので最低でも176枚が必要となります。
納札は100枚綴りで一冊になっていますので、二冊は必要ということになります。

納札の表には、参拝した日付・住所・氏名を記入し、裏面には祈願を書き入れます。
多くの方は、お遍路の旅に出る前に自宅などで記入を済ませてしまい、札所で納めるばかりの状態にされておられます。
その場合は日付を「吉日」(平成○年○月吉日)と記入しておきます。
そうすれば、同じ月の間中は何日の参拝であっても使うことが出来ます。
住所は詳しく記入する必要はなく、市名・町名までで十分です。
裏面の願い事については特に決め事はありません。
親や身内など、老齢のためお遍路に出かけられない方などの願い事を書かれても構いません。

注意しなくてはいけないのは、納札の色です。
巡拝した回数によって使う色が決められています。
初めてお遍路の旅をされる方は白色のものを購入しましょう。
回数とその色は以下の通りです。
・1~4回   白
・5~7回   緑
・8~24回  赤
・25~49回 銀
・50~99回 金
・100回~  錦

金色と錦色の納札は市販はされておりません。
霊場会本部の許可をもらう必要があります。

納札は、そのほかにも、お遍路さん同士での名刺代わりにしたり、旅の途中でお接待を受けたときの挨拶やお礼の意味でも使われます。


コメントをどうぞ





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0